フェローアートギャラリーシリーズ

Fellow Art Gallery vol.38
井口直人 展

【アーカイブ】

展示風景
photo: Ken Kato
展示風景
photo: Ken Kato
展示風景
photo: Ken Kato
展示作品
photo: Ken Kato
展示作品
photo: Ken Kato
展示作品
photo: Ken Kato
展示作品
photo: Ken Kato
展示作品
photo: Ken Kato
展示作品
photo: Ken Kato




        

Fellow Art Gallery フェローアートギャラリー


2020年57 日(木)~ 726 日(日)

9:00~21:00

※6月22日(月)休館 ※5/31まで臨時休館

会場:アートフォーラムあざみ野 2階ラウンジ(無料スペース)
主催:横浜市民ギャラリーあざみ野(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)



でんしゃ しんかんせん
《無題》 2019年 紙、インク、複写機

「さふらん生活園」で活動する井口直人による作品を紹介します。行きつけのコンビニや事務所のコピー機を使いこなし、自身の顔や手、収集した身の回りの品々を媒体としたdaily copy。時には施設職員や友人を巻き込みながら、即興的に写し取られた日々の行為としての表現にご注目ください。


ギャラリーの名称「Fellow(意味:なかま)Art」は、誰もが障がいのあるなしで区別されることなく、同じ地平で認め合える豊かな関係性が築かれることを願って名づけたものです。

井口 直人(いぐち なおと))

1971年生まれ。名古屋市在住。街のコンビニと施設のコピー機を使って、自分の顔とその時々の気に入ったものを写し取ることを毎日の日課としている。ガラス面に顔を押し付け自分でボタン操作し、センサー光の動きと共に身体を動かすことで、画面に独特の歪みを作り出す。作品中に多用されるシールは、施設でのリサイクル作業中に剥がした景品応募シールで、これまで何度も当選している。近所のコンビニには20年ほど毎日通っており、終わると店員さんが手際よくガラス面についた顔の脂を拭いてくれる。


さふらん生活園

1987年名古屋市中区に開設。希望と愛を心の支えとして、障害のある人、ない人、すべての人が共に生きようとする広場をめざした作業所です。種類豊富なクッキー、色とりどりのマット、落ち着きのある織物、手すきの紙工品、リサイクル活動(アルミ缶回収等)といったモノづくりや活動を街の中で緩やかに行なっています。 https://www.safurankai.com/



参加アーティスト

井口 直人(いぐち なおと)

1971年生まれ。名古屋市在住。街のコンビニと施設のコピー機を使って、自分の顔とその時々の気に入ったものを写し取ることを毎日の日課としている。ガラス面に顔を押し付け自分でボタン操作し、センサー光の動きと共に身体を動かすこ…