フェローアートギャラリーシリーズ

Fellow Art Gallery vol.39
渡邊富弘 展

Fellow Art Gallery フェローアートギャラリー


2020年729 日(水)~ 1025 日(日)

9:00~21:00 

※8月24日(月)、9月28日(月)休館 
※日曜日・祝祭日は当面の間、9:00~17:00(※8月30日(日)は~21:00 )

会場:アートフォーラムあざみ野 2階ラウンジ(無料スペース)
主催:横浜市民ギャラリーあざみ野(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)



《さふらんの絵》
《さふらんの絵》2019年 布、布用クレヨン、布用クレパス

「さふらん生活園」で活動する渡邊富弘による、布に専用のクレヨンとクレパスを使い、自由なストロークで縦横のチェック柄のようになるまでしっかり描き込まれた作品を紹介します。しっかりと握られたクレヨンから伝わる迷いのない線と豊かな色の組み合わせをお楽しみください。


ギャラリーの名称「Fellow(意味:なかま)Art」は、誰もが障がいのあるなしで区別されることなく、同じ地平で認め合える豊かな関係性が築かれることを願って名づけたものです。

渡邊 富弘(わたなべ とみひろ)

1968年生まれ。名古屋市在住。大きな白い布にクレヨンを使用し、専らチェックの様な縦と横の線が引かれている。その時々で決めた数種類の色で、好きな乗り物の新幹線が走っているイメージを彷彿とさせるかの様なスピード感と、線に導かれる様に描かれている姿が印象的。最近はより厚塗りになり油絵の様だ。「終わり!」という口ぐせの言葉が出た時、その絵の完成になる。


〔主な経歴〕

2013年 「ポコラート全国公募展Vol.3」入選
2019年 「和美・作美・素生の表現者たち」勝興寺(富山)


さふらん生活園

1987年名古屋市中区に開設。希望と愛を心の支えとして、障害のある人、ない人、すべての人が共に生きようとする広場をめざした作業所です。種類豊富なクッキー、色とりどりのマット、落ち着きのある織物、手すきの紙工品、リサイクル活動(アルミ缶回収等)といったモノづくりや活動を街の中で緩やかに行なっています。 https://www.safurankai.com/