Fellow Art Gallery vol.43
神例 幸司 展

Fellow Art Gallery フェローアートギャラリー


2021年728 日(水)~ 1024 日(日)

9:00~21:00 

※新型コロナウィルス感染症対策のため、
施設の状況についてはコチラをご確認のうえお出かけください。

※8月23日(月)、9月27日(月)休館 

会場:アートフォーラムあざみ野 2階ラウンジ(無料スペース)
主催:横浜市民ギャラリーあざみ野(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)



《要望ジャケット》2021年
《要望ジャケット》2021年
《要望エコバッグ1》2020年
《要望エコバッグ1》2020年

東京都青梅市の自然に恵まれた「工房YUAI」では、自然の素材を使った、和紙、陶芸、藍染め、草木染め、織り、木工、絵画を中心とした創作活動を行っています。「風の工房」(布や糸)「紙の工房」「木の工房」「土の工房」の4つの工房のうち、「風の工房」で活動する神例幸司の刺繍による表現をご紹介します。コミュニケーションの端緒としての様々な“要望”が布製のバッグやシャツに細かく刺繍されていたり、木片や段ボールに図解されています。


ギャラリーの名称「Fellow(意味:なかま)Art」は、誰もが障がいのあるなしで区別されることなく、同じ地平で認め合える豊かな関係性が築かれることを願って名づけたものです。

神例 幸司(かんれい こうじ)

1977年生まれ。見たいもの・欲しいものを他者に伝える事が得意。支援員と会話しながら、形に残らない数々の要望が浮かび上がります。例えば「東芝日曜劇場」という要望は、神例さんが刺繍に置き換える時、東芝のロゴマークを浮かび上がらせました。ロゴマークが使用されている「日曜劇場」初回放送のオープニング映像を見た神例さんは、興奮した様子で目を輝かせていました。様々なアウトプットの方法を一緒に試しています。


社会福祉法人友愛学園 成人部「工房YUAI」

その人らしい、一人ひとりが満足する「感覚」を見つけることで、私だけの自由な時間を過ごしている。「つくる」のではなく、「自然」にうまれてくる表現がここにある。 http://www.yuaigakuen.or.jp/