Fellow Art Gallery, Extension 小松 和子 展

Fellow Art Gallery フェローアートギャラリー


2021年116 日(土)~ 2022年124 日(月)

10:00~20:00 

※11月17日(水)、12月15日(水)、12月28日(火)~1月4日(火)、1月19日(水)休館 

会場:青葉区民文化センター フィリアホール 通路(無料スペース)

主催:横浜市民ギャラリーあざみ野(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)
共催:青葉区民文化センター フィリアホール



海と自然画像
《海と自然》2017年

2010年より横浜市民ギャラリーあざみ野(青葉区)に常設展示スペースを設置して開催してきた「Fellow Art Gallery」シリーズのエクステンションとして障がいのあるアーティストたちの作品を広く地域に紹介します。フィリアホールではあざみ野での展示とあわせて、絵画制作のみならず、詩や物語の創作など様々な表現活動に取り組んでいる小松和子による絵画を紹介します。


同時開催:Fellow Art Gallery vol.44 小松和子展
会期|10月27日(水)~2022年1月23日(日)
会場|横浜市民ギャラリーあざみ野


ギャラリーの名称「Fellow(意味:なかま)Art」は、誰もが障がいのあるなしで区別されることなく、同じ地平で認め合える豊かな関係性が築かれることを願って名づけたものです。

小松 和子(こまつ かずこ)

1970年生まれ 奈良県在住
1991年よりたんぽぽの家で活動をはじめる
2007年「エイブルアート・カンパニー登録」アーティスト
出会いとつながりを大切に、いつも持ち前のあかるさで人と話をする。自らをとりまく人々への感謝の想いが、色・形・模様となり表れる。微妙な色彩にとことんこだわるのがスタイル。好きなインテリアの本をモチーフに描いてきたが、やがて自分の内なる世界観を他者へむけて発信したいと考えるようになる。現在は絵画制作にとどまらず、詩や物語をつくるなどさまざまな表現に取り組んでいる。


社会福祉法人わたぼうしの会
たんぽぽの家アートセンターHANA(奈良)

すべての人がアートを通じて自由に自分を表現したり、互いの感性を交感することができるコミュニティ・アートセンターです。障害のある人たちが個性をいかしながらビジュアルアーツやパフォーミングアーツに取り組むスタジオ、今を生きる人たちの表現を紹介するギャラリー、コミュニケーションの場としてのカフェ&ショップがあります。 http://tanpoponoye.org/