子どものためのプログラムシリーズ

子どものためのプログラム2011「カラダは遊園地」

子どものためのプログラム

横浜市民ギャラリーあざみ野の子ども事業には、年間で1万名を超える地域のお友だちが参加しています。自分の手や目、心と体をつかってのびやかに活動することを通して、子どもたちの心身の健やかな成長を育むことを目的としています。つくったり描いたり、表現する活動は、自分の気持ちや心とゆっくり向き合う瑞々しい時間を生み出してくれるでしょう。はじめて会うお友だちやアーティスト、先生たちと一緒に活動できることも楽しみの一つです。3Fのアトリエに、ぜひあそびにきてね!

2011年4月27日(水)

講 師
中ムラサトコ、タカダアキコ
つかうのは「こころ」と「からだ」。音を聴き、肌に触れ、見て味わう。
お子さんと一緒の時間をのんびりと、五感でたっぷり楽しみましょう。
時 間
各日10:00~11:30
対 象
未就学児(1歳6ヶ月~)とその保護者
(保護者一人につき子ども2名までO.K)
定 員
各15組
参加費
一組1,000円(材料費込)

【先生紹介(五十音順)】

タカダアキコ
エキゾチックパフォーマー・ベリーダンサー。1995年より、ベリーダンスを始める。ベリーダンスのカンパニーにて、ダンサー、振付師、舞台演出、衣装、ダンス講師等で国内外のショウに出演。カンパニーメンバーとして10年間活動。三人目の子供を出産し、独立。
ベリーダンスの無理なく柔らかい身体表現とオリジナルの表現を織り交ぜたスタイルで、
現在日本国内を中心に様々なダンスやパフォーマンス、ワークショップを展開する。

講師

中ムラサトコ(なかむら さとこ)

強烈なボイスパフォーマンスと、オルガン弾き語り、太鼓の叩き歌いで、独自の音楽を展開。ノルウェー公演をはじめ、フランスのサラヴァレーベルのコンピレーションアルバムなどに参加。 2008年度ベルリン国際映画祭新人賞作品「パー…