子どものためのプログラムシリーズ

子どものためのプログラム2012「からだでつたえる」

子どものためのプログラム

横浜市民ギャラリーあざみ野は市民利用施設であるアートフォーラムあざみ野で展覧会やおとなや子どもを対象にしたアトリエ講座を行っています。
子どものためのプログラムは、自分の手や目、からだ全体をつかって伸びやかに活動すること通して、子どもたちの自立心と心身の健やかな成長を育むことを目的とし、年間1万人を越える子どもたちの参加があります。
子どもにとって、素材で遊ぶことも描いたりつくったりする活動も、まずはゆったりとした時間の中で自分の心と向き合い「こんなことをしてみたい」という自己表現したくなる気持ちに出会うことが大切と考えています。
子どものためのプログラムでは、初めて会うお友だちや楽しく教えてくれる先生たちといっしょに活動することも楽しみのひとつです。
アトリエはアートフォーラムあざみ野の3階にあります。ぜひ遊びにきてね!

2013年3/23(土)・24(日) 応募締切2013年3/10(日)必着

からだをつかってお友だちとおしゃべりしてみよう。最後はみんなで発表するよ!

時 間
23日14:00~16:00、24日10:00~14:00(お昼休憩後、発表)
対 象
 小学1~3年生
定 員
20名
参加費
 1,500円
講 師
柏木陽(かしわぎあきら)

参加アーティスト

柏木 陽(かしわぎ あきら)

1993年演劇集団「NOISE」に参加し、劇作家・演出家の故・如月小春とともに活動。 2003年にNPO法人演劇百貨店を設立し、代表理事に就任。全国各地の劇場・児童館・美術館・学校などで、子どもたちとともに独自の演劇空間…