子どものためのプログラムシリーズ

子どものためのプログラム 2019

横浜市民ギャラリーあざみ野 アトリエ 子どものためのプログラム 2019年4月~2020年3月

横浜市民ギャラリーあざみ野 アトリエ
子どものためのプログラム 20194月~20203

子どものためのプログラムでは、自分の手や目、からだ全体をつかって伸びやかに活動することを通して、子どもたちの自立心と心身の健やかな成長を育むことを目的としています。子どもにとって、素材で遊ぶ活動も描きつくる活動も、まずはゆったりとした時間の中で自分と向き合い、「こんなことをしてみたい」という気持ちに出会うことが大切です。また、このプログラムでは、初めて会うお友だちや楽しく教えてくれる先生たちといっしょに活動することも楽しみの一つ。
3階のアトリエに、ぜひあそびにきてね!

どうして対象年齢があるの?

プログラムによって対象年齢を設定しているのは、長い時間じっくりと活動に関わる集中力や、少し難しいことに挑戦することで得られる達成感が、子どもの年齢によって異なるからです。子どものためのプログラムでは、子どもたちの「自分でできた!」という体験を大切にしたいので、プログラムごとに対象年齢を設定しています。

=対象=
小学1~3年生

つくってみよう!

1 スチロールアート

  • 5/26[日]
    終了しました 参加人数21人

発泡スチロールを自由なかたちに切って、動物や昆虫などいろいろなものをつくってみよう!

熱線カッターでまずは切る練習から始めます。

初めてのことはいつだって緊張します。でもチャレンジ!

慣れたら色々なかたちが切れるように。

くっつけて、色塗り。

段々と完成に近づいてきました!

完成作品

講 師
宇田川純子
宇田川純子(うだがわじゅんこ)
WORKSHOP
トキワ松学園女子短期大学(現在の横浜美術大学)グラフィックデザインコース卒業後、同学彫刻研究生として2年学ぶ。2016年より横浜市民ギャラリーのハマキッズ・アートクラブで講師を務める。厚紙で成形した立体に新聞紙を貼った彫刻で、主にネコをモチーフとして制作している。2019年個展開催(ギャラリー巷房)。

2 ボール紙で動物をつくろう

  • 8/18[日]
    終了しました 参加人数18人

ボール紙を切って、まるめて、グシャグシャに。
いったいどんな動物ができるかな?

まずは材料の下準備。ボール紙を濡らしてやわらかくします。

紙の素材でいろんな形ができるんだ!それから自分はどうつくるか、考えました。

ホットボンドで足をくっつけたら、動物らしくなってきました!

完成間近!ボール紙や筒の素材の特性を活かし、体のいろんな部位に使い分けていますね。

完成!大事そうに作品を抱えていますね!

完成作品

講 師
こいちりょうじ
こいちりょうじ
WORKSHOP
子どもたちとのアートを通した交流を中心に活動し、創造力を刺激する造形プログラムを行っている。 保育園、小学校、美術館、博物館、福祉施設などにおいてワークショップを多数開催。また、保育士への造形制作指導も行っている。 2011年より横浜市緑区中山にて「美術造形ぷらすあーと」主宰。東京造形大学、横浜こども専門学校講師。
美術造形教室ぷらすあーと http://www.ryo2ko1.com

3 みんなでダンボールアート

  • 12/15[日] 終了しました 参加人数16人
申込受付中

板のダンボールを協力して組み立てるよ。
どんなものができるかな?

まずはみんなで協力してダンボールを組み立てます。

専用のカッターで好きなかたちを切り抜きます。

ダンボールをつなげてみたら不思議なトンネルに!

これはもうくぐってみるしかありません!!

切ったかたちに色を付けて、組立てて。何の形にみえる?

完成!

講 師
山田佐映子
山田佐映子(やまださえこ)
WORKSHOP
横浜美術館子どものアトリエから誕生したこども造形ワークショップユニット「うめぐみ」を主宰。子どもにとってたくさんの素材にまみれたり、描きつくる時間が物事に真剣に取り組む一歩になるよう心がけている。現在幼稚園・保育園にて年間を通し子どもの成長に沿った造形指導を行っている。
うめぐみ http://umegumi.petit.cc/
                      
  • 対 象小学1~3年生
  • 時 間各日14:00~16:00
  • 定 員各20名
  • 参加費1,500円(材料費込)

=対象=
幼稚園・保育園の
年長組に相当する幼児

やってみよう!

4 見て、さわって、描く

  • 4/29[月・祝] 終了しました 参加人数23人

モチーフをよく見てさわって、たしかめて、絵に描いてみよう。なにを描くかはお楽しみ!

講 師
山田佐映子
参加費
1,500円(材料費込)

まずは絵の具を手でまぜまぜ!どんどん色が変わって楽しい!

手についた絵の具はスタンプ!

お魚を紹介…お口を開けたら子どもたちから歓声が!

自分で触って、持ち上げて。魚をじっくり観察しました。

観察しながら、お魚を描きました。

完成!子どもたちが観察して発見したことがよく描かれています。

5 焼き物しよう!

  • 9/15[日] 終了しました 参加人数24人

土ねんどをつかって器をつくろう! ※後日、窯で焼いてお渡しします。

講 師
山田佐映子
参加費
1,800円(材料費込)

ねんどをたくさん使ってあそぶところからスタート!

ねんどをたくさん使ってあそぶところからスタート!

ねんどをたくさん使ってあそぶところからスタート!

いよいようつわのかたちをつくります。何を入れようかな?

どんな色の器にしようかな?

横もていねいに塗っています。

完成!焼き上がりが楽しみですね。

6 木工しよう!

申込受付中
  • 2020年 1/26[日] 終了しました 参加人数22人

金づちをつかって、釘打ちに挑戦してみよう。

講 師
川﨑和美
参加費
1,500円(材料費込)

今日はたくさんくぎを使います。

この日、初めてかなづちをつかう子も。ドキドキ。

まずは練習。かなづちに慣れるところから始めました。

最初は少し難しかった子どもたちも楽しくなって、

新しい木をどんどん取りに来ました。

細かいところはボンドも使って。

完成作品

川﨑和美(かわさきかずみ)
WORKSHOP
東京国際ガラス学院卒業。こども造形ワークショップ「うめぐみ」のメンバー。ガラス作家として活動しつつ、公共施設での造形講座、年間を通じて保育園・幼稚園での造形指導も行っている。描きつくることを通して「思いを達成できる喜び」を経験できるよう、一人一人に寄り添った指導を行う。
                      
  • 対 象幼稚園・保育園の年長組に相当する幼児
  • 時 間各日14:00~16:00
  • 定 員各20名
こどもの日イベント

ふわふわ帽子をつくろう

カラフルな紙をつかって、すてきな帽子をつくってみよう!

  • 5/5[日・祝] 申込不要
    終了しました 参加人数83人
  • 対 象どなたでも(未就学児:保護者同伴)
  • 時 間10:00~15:00
  • 時間内いつでもご参加いただけます。
  • 参加費無料
  • 場 所1Fエントランスロビー
=対象=
どなたでも未就学児:保護者同伴

ワークショップ会場風景

つくり方はアートサポーターさんが教えてくれました。

お母さんと一緒に。

兄弟がそれぞれに帽子づくりに挑戦!

出来上がった帽子を被った姿を見て、思わず歓声が!

大きなリボン帽子

メガネ帽子とイカ帽子

カッコよくポーズ!

=対象=
幼稚園・保育園の
年中組に相当する幼児

みんなであそぼう!

からだも手も心もたくさん使って素材でたっぷり遊ぼう。はじめて会うお友達とも一緒に楽しくできるかな?

7 えのぐであそぼう!

  • 6/23[日] 終了しました 参加人数28人

色水づくり。黄色に赤を混ぜたらオレンジに変わった!

自分で絵の具を選んで色水をつくってみました。

たくさん試して、みんながつくった色を一つずつ並べてみました。

絵の具を手で混ぜてみよう!

手でスタンプ。みんなのカラフルな手の形が楽しいね。

最後は自分でお絵かきしたものをお土産にしました。

8 ねんどであそぼう!

申込受付中
  • 11/17[日] 終了しました 参加人数23人

ねんどで体をいっぱい動かしてあそんでみよう!ねんどの上でバランスできるかな?

ねんどながーく伸ばして、おともだちにつなげてみよう

どんどんつながってきた!

すきなものもつくってみよう

ねんどの大きなまちができました!!

9 かみであそぼう!

申込受付中
  • 2020年 2/11[火・祝] 終了しました 参加人数21人

はさみをたくさんつかいます。どんなことをするのか興味津々。

細かく切ったり。

ながーく切ってみたり。

全部くっつけたらステキな道の完成!!歩くと楽しくなっちゃいます。

完成作品

  • 対 象幼稚園・保育園の年中組に相当する幼児
  • 時 間各日14:00~15:30
  • 定 員各20名
  • 参加費各1,200円(材料費込)
  • 講 師山田佐映子
山田佐映子(やまださえこ)
WORKSHOP
横浜美術館子どものアトリエから誕生したこども造形ワークショップユニット「うめぐみ」を主宰。子どもにとってたくさんの素材にまみれたり、描きつくる時間が物事に真剣に取り組む一歩になるよう心がけている。現在幼稚園・保育園にて年間を通し子どもの成長に沿った造形指導を行っている。
うめぐみ http://umegumi.petit.cc/
                      

=対象=
小学4~6年生

10 油絵を描こう 全4回

初めての子でも大丈夫!油絵の具をつかって絵を描いてみよう。

  • 6/15[土] 6/22[土] 7/6[土] 7/20[土]
  • 終了しました 参加人数のべ76人
  • 対 象小学4~6年生
  • 時 間各日14:00~16:00
  • 定 員15名
  • 参加費5,500円(全4回分、材料費込)
  • 講 師東麻奈美

まずは小さなキャンバスで練習。パプリカの中にもいろんな赤色があることを発見!

油絵の道具の使い方を教わります。初めてでちょっと緊張しますね。

描きたいモチーフを決めて、スタート!下地塗り、下描きから。

葉っぱの動きをよく観察して描けました。

かたちや色をよく観察します。

同じモチーフを描いても、それぞれの個性が出ています。

完成作品

東麻奈美(ひがしまなみ)
WORKSHOP
女子美術大学洋画学科卒業、同大学大学院絵画研究領域修士課程修了。 在学中から「回転」をテーマに絵画作品を制作。上海、ニューヨークなど、国内外の様々な展覧会で作品を発表している。 2013年より横浜美術館子どものアトリエにて造形や鑑賞のプログラムをサポートしている。女子美術大学メディアアート学科非常勤講師。
                 

=対象=
どなたでも
未就学児:保護者同伴

アートフォーラムフェスティバル

アトリエの時計屋さん

自分だけのステキな時計をつくって身につけよう!
当日は全館でアートフォーラムフェスティバル開催!

  • 10/27[日] 申込不要
    終了しました 参加人数201人
  • 時 間14:00~16:00
  • 時間内いつでもご参加いただけます。ただし材料がなくなり次第終了。
  • 参加費無料
  • 企 画うめぐみ
参考:昨年の様子「アトリエのメガネ屋さん」

どんな時計にしようかな?デザインを考えてつくります。

どんな時計にしようかな?デザインを考えてつくります。

かっこいい「デジタル時計」!

完成したら時計屋さんの前でポーズ!

最後にハロウィンのプレゼントも。

=対象=
小学4~6年生

11 真鍮アートに挑戦

申込受付中

金属の真鍮版(しんちゅうばん)を紙のように切って、はんだという接着剤でくっつけてオリジナルの金属オブジェをつくろう。

  • 2020年 3/22[日]
  • ※開催を中止しました
  • 対 象小学4~6年生
  • 時 間14:00~16:00
  • 定 員15名
  • 参加費1,800円(材料費込)
  • 講 師三ツ山一志
三ツ山一志(みつやまかずし)
WORKSHOP
1953年北海道生まれ。1976年東海大学教養学部芸術学科美術科卒業。1976年から幼稚園での絵画指導を行い、1987年の横浜美術館開館より子どものアトリエを担当。2007年より横浜美術館副館長、横浜市民ギャラリー館長、横浜市民ギャラリーあざみ野館長を歴任。現在<アートの活動が子どもの育ちをどのようにサポートしていけるか>をテーマに活動している。その他、造形教育についての講義指導、執筆等多数。
                      
クリスマスイベント

みんなでつくるあったかクリスマス

木の実やフェルトを使ってすてきなクリスマス飾りをつくろう。

  • 11/30[土]12/1[日]
    申込不要
    終了しました 参加人数のべ298人
=対象=
4歳以上未就学児:保護者同伴
  • 対 象4歳以上未就学児のお子さんは保護者同伴、大人のみの参加も大歓迎!
  • 時 間各日11:00~15:00時間内いつでもご参加いただけます。ただし材料がなくなり次第終了。
  • 参加費無料 一部の材料は有料
  • 講 師YAPS
  • 場 所1Fエントランスロビー

大きなツリーのあるエントランスロビーで開催です☆

木の実やフェルトなどの材料選び。

小さなお友達は手伝ってもらいながら。

細かい作業も熱心に!

大きなお友達は大作に挑戦!

ステキな可愛いクリスマスかざりが次々と出来あがります。

みんなで机を囲んで大盛況の楽しいワークショップとなりました☆

YAPS(ヤップス)
WORKSHOP
横浜市民ギャラリーあざみ野「市民企画アイディア講座」に企画・立案から参加したことをきっかけに、あざみ野アートサポーターの有志から誕生したワークショップグループ。アートフォーラムあざみ野以外でも活動中。
                      
障がいのある子どもたちのための

12 親子で造形ピクニック

ねんど、絵の具、紙などで遊べます。 親子やきょうだい、お友達と一緒にそれぞれのペースでゆったり過ごしてみませんか?不明な点はお気軽にお電話ください。

  • 3/164/205/186/157/208/249/2110/1211/2312/142020年 1/182/153/14 毎月開催 / すべて土曜 ※10/12、2020/3/14は中止
  • 終了しました 参加人数:延べ175人
  • 対 象 個別支援学級、特別支援学校等に通うお子さんとその保護者、きょうだい、お友達
  • 時 間各日10:00~12:00
  • 定 員各日20組程度
  • 参加費4歳以上の子ども100円
        

=対象=
小学3~6年生

リサイクルアートに挑戦 全2回

工場で出る金属やプラスチックの工業製品を再利用して、
面白いかたちを探してくっつけて、世界に一つだけのアート作品をつくってみよう。
※完成した作品は「あざみ野こどもぎゃらりぃ2019」の会場で展示します。

  • 7/13[土] 7/15[月・祝]
  • 終了しました 参加人数のべ60人
  • 対 象 小学3~6年生
  • 時 間 各日14:00~16:00
  • 定 員 20名
  • 参加費 2,000円(全2回分)
  • 講 師 山田裕介

まずは素材の組み合わせや接着方法について説明を聞きます。

自分の好きな素材を選んで組みあわせて、形づくっていきます。

製作途中で作品に光をあててみると…

影もすごくカッコいい!子どもたちから思わず歓声が上がります。

2日目は更にいろんな角度から見て、作品を仕上げていきました。

完成した作品は、「あざみ野こどもぎゃらりぃ」の会場に展示されました。Photo Nishino Masanobu

完成作品
Photo Nishino Masanobu

山田裕介(やまだゆうすけ)
WORKSHOP
1983年神奈川県横浜市生まれ。セメントを素材に、彫刻や部屋を覆い尽くすようなインスタレーションを制作するアーティスト。主な展示に、2012年「黄金町バザール2012」神奈川、2013年「アートDEコガネ」神奈川、「CONSTELLATIONS」フィリピン、2014年「大隈アートマジック」福岡、2015年「ごった煮展」東京、「あったもの。なくなったもの。おもいだせないもの。」神奈川
https://yusuke-yamada.jimdo.com/
  • 7/26[金]- 8/4[日]
    10:00~17:00(会期中無休) 入場無料
    8/4は19:00まで延長開催
    終了しました

毎年夏休みに開催する子どものための展覧会は、きて、みて、つくって参加して!と楽しいことがもりだくさん。 おうちの人とあそびにきてね!詳しくはチラシやホームページをご覧ください。

こどもぎゃらりぃ

=対象=
小学1~6年生

あざみ野クリスマスジュニアコーラス

みんなで歌をうたいましょう。何日も練習して最後はエントランスロビーで発表します。7月頃から参加者募集の予定です。詳しくはチラシやホームページをご覧ください。

  • 発表会12/22[日]終了しました
  • 講 師加藤裕子、山中麻衣子

講師紹介

宇田川純子(うだがわじゅんこ)
WORKSHOP
トキワ松学園女子短期大学(現在の横浜美術大学)グラフィックデザインコース卒業後、同学彫刻研究生として2年学ぶ。2016年より横浜市民ギャラリーのハマキッズ・アートクラブで講師を務める。厚紙で成形した立体に新聞紙を貼った彫刻で、主にネコをモチーフとして制作している。2019年個展開催(ギャラリー巷房)。
川﨑和美(かわさきかずみ)
WORKSHOP
東京国際ガラス学院卒業。こども造形ワークショップ「うめぐみ」のメンバー。ガラス作家として活動しつつ、公共施設での造形講座、年間を通じて保育園・幼稚園での造形指導も行っている。描きつくることを通して「思いを達成できる喜び」を経験できるよう、一人一人に寄り添った指導を行う。
こいちりょうじ
WORKSHOP
子どもたちとのアートを通した交流を中心に活動し、創造力を刺激する造形プログラムを行っている。 保育園、小学校、美術館、博物館、福祉施設などにおいてワークショップを多数開催。また、保育士への造形制作指導も行っている。 2011年より横浜市緑区中山にて「美術造形ぷらすあーと」主宰。東京造形大学、横浜こども専門学校講師。
美術造形教室ぷらすあーと http://www.ryo2ko1.com
東麻奈美(ひがしまなみ)
WORKSHOP
女子美術大学洋画学科卒業、同大学大学院絵画研究領域修士課程修了。 在学中から「回転」をテーマに絵画作品を制作。上海、ニューヨークなど、国内外の様々な展覧会で作品を発表している。 2013年より横浜美術館子どものアトリエにて造形や鑑賞のプログラムをサポートしている。女子美術大学メディアアート学科非常勤講師。
三ツ山一志(みつやまかずし)
WORKSHOP
1953年北海道生まれ。1976年東海大学教養学部芸術学科美術科卒業。1976年から幼稚園での絵画指導を行い、1987年の横浜美術館開館より子どものアトリエを担当。2007年より横浜美術館副館長、横浜市民ギャラリー館長、横浜市民ギャラリーあざみ野館長を歴任。現在<アートの活動が子どもの育ちをどのようにサポートしていけるか>をテーマに活動している。その他、造形教育についての講義指導、執筆等多数。
山田佐映子(やまださえこ)
WORKSHOP
横浜美術館子どものアトリエから誕生したこども造形ワークショップユニット「うめぐみ」を主宰。子どもにとってたくさんの素材にまみれたり、描きつくる時間が物事に真剣に取り組む一歩になるよう心がけている。現在幼稚園・保育園にて年間を通し子どもの成長に沿った造形指導を行っている。
うめぐみ http://umegumi.petit.cc/
山田裕介(やまだゆうすけ)
WORKSHOP
1983年神奈川県横浜市生まれ。セメントを素材に、彫刻や部屋を覆い尽くすようなインスタレーションを制作するアーティスト。主な展示に、2012年「黄金町バザール2012」神奈川、2013年「アートDEコガネ」神奈川、「CONSTELLATIONS」フィリピン、2014年「大隈アートマジック」福岡、2015年「ごった煮展」東京、「あったもの。なくなったもの。おもいだせないもの。」神奈川
https://yusuke-yamada.jimdo.com/
加藤裕子(かとうひろこ)
CHORUS
武蔵野音楽大学声楽科卒業。同大学院修了。第25回日伊コンコルソ入選。第7回ソレイユ新人オーデション入選。一般社団法人波の会日本歌曲振興会第20回日本歌曲コンクール声楽部門入選。コンサートなど多数演奏活動を行いながら児童音楽教育に長年携わる。近年は、演奏のほか司会・ナレーション・企画も行なっている。武蔵野音楽大学附属音楽教室合唱講師、一音会ミュージックスクール講師、横浜シティオペラ会員、横浜市民広間演奏会会員、藤原歌劇団団員、日伊音楽協会会員、湘南グループ日本のうた・歌・詩会員。
山中麻衣子(やまなかまいこ)
CHORUS
桐朋学園大学音楽学部卒業。年間40回以上、幼稚園や保育園でのコンサートを企画・出演するほか、様々なコンサートに出演。ピアノソロのほか、アンサンブル、合唱団の伴奏・指導、編曲などで活動している。また、オリジナルの教材、曲、グッズなどを使い、子どもも大人も「いい音」で演奏するためのレッスンに特に力を入れている。これまでにピアノを原田由美子、故・富本陶、山田富士子、練木繁夫の各氏、アンサンブルを藤井一興、白石隆生の各氏に師事。横浜市民広間演奏会会員。
YAPS(ヤップス)
WORKSHOP
横浜市民ギャラリーあざみ野「市民企画アイディア講座」に企画・立案から参加したことをきっかけに、あざみ野アートサポーターの有志から誕生したワークショップグループ。アートフォーラムあざみ野以外でも活動中。