あざみ野こどもぎゃらりぃ2021 みんなあつまれ!どうぶつパーク

あざみ野こどもぎゃらりぃ2021

あざみ野こどもぎゃらりぃ2021
みんなあつまれ!どうぶつパーク

2021730日(金)~ 88日(日・祝)
10:00~16:00

横浜市民ギャラリーあざみ野 展示室1
入場無料/会期中無休

主催:横浜市民ギャラリーあざみ野(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)
協力:横浜美術館子どものアトリエ

Beyond2020

今年の「あざみ野こどもぎゃらりぃ」はどうぶつがいっぱい!
魚や鳥などのかたちをしたユニークな創作凧(そうさくだこ)の展示をみたり、
ワークショップで自分だけのどうぶつをつくったり。
どうぶつパークにあそびにきてね。

※新型コロナウイルス感染拡大状況等の事情により、開館状況、展覧会および関連イベントの内容が変更となる場合があります。ご来館の際は、施設の最新状況などで最新情報をご確認ください。

※「あざみ野こどもぎゃらりぃ」来場予定の方へ:新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急連絡先について事前にご登録いただけます。受付での混雑回避、スムーズなご入場のためにぜひ事前登録をご利用ください。

展示

小関凧

会期中いつでも

タコの凧、魚の凧、パンダの凧。大きさもかたちも様々な小関凧を
みにきてね!

協力:横浜美術館子どものアトリエ

「あざみ野こどもぎゃらりぃ2010」展示の様子

小関凧とは?

凧つくり名人・小関章(こせきあきら)さん(1922年~2019年)が独自のつくり方でつくったユニークなかたちの創作凧です。小関さんは、子どもの頃にお父さんに教えてもらった凧つくりを思い出し、60歳をすぎてから身近にある材料を利用してたくさんの凧をつくりました。誰でもかんたんにつくれて、かならずあがる小関凧は、子どもたちに凧つくりの楽しさや喜びを伝えてくれます。

「凧ってなぁに?」の動画は>>>こちらからご覧ください。
展示した創作凧「小関凧」をつかって、一般的な凧の仕組みや小関凧の特徴、凧を揚げる時のポイントをわかりやすく解説しています。


ワークショップ 事前申込制

対 象
小学校1〜3年生  ②小学校4〜6年生

凧をつくろう

7/31(土)
①10:00-12:00 ②13:30-15:30

凧の仕組みを知って、自分であげられる凧をつくってみよう!
①は風をはらんであがる凧、②は風を受け流してあがるタコ型の凧をつくります。

  • 定 員 各回10名
  • 参加費 1,000円
  • 講 師 三ツ山一志
  • 締 切7/21(水)締切りました

ワークショップ 事前申込制

対 象
小学生以下の子どもとその保護者

うめぐみパークでどうぶつをつくろう

7/30(金)  8/1(日)  8/4(水)  8/7(土)※  8/8(日・祝)
各日 10:30-11:30/14:00-15:00
※ 8/7(土)は14:00-15:00のみ

たいらな紙が、立つどうぶつに変身するよ!どんなふうにつくるかはお楽しみ!

  • 定 員 各回5グループ(1グループ5名程度)
  • 参加費 1グループ800円
  • 講 師 うめぐみ
  • 締 切7/30(金)、8/1(日)開催分:7/23(金・祝)締め切りました
    8/4(水)、8/7(土)、8/8(日・祝)開催分:7/28(水)締め切りました

それぞれお気に入りのどうぶつをつくって、お家につれて帰ってね。家族みんなで楽しもう。
うめぐみ

おみやげ

おうちでつくろう!ミニどうぶつ

展覧会に来場した子どもたちに、おうちでもかんたんにつくれるどうぶつの材料をプレゼント。
手のひらサイズのどうぶつをつくってみてね。
(おひとり1セット・無料)

展覧会に来場した子どもたちに、おうちで簡単につくれる手のひらサイズのどうぶつの材料をプレゼント。つくり方を>>>こちらの動画で紹介しています。


申込み方法

各ワークショップの申込フォームボタンからお申込みください。
応募多数の場合は抽選です。

受付完了後に「受付確認メール」(自動返信)をお送りします。届かない場合はご連絡ください。
登録アドレスに間違いがあるか、PCからのメール受信拒否が設定されている場合があります。設定をご確認の上、当館ドメインの「artazamino.jp」の受信設定をお願いいたします。

・複数のプログラムに参加を希望される場合は、別々にお申込みください。
・きょうだいで対象年齢が該当する場合は、連名でお申込みいただけます。「うめぐみパークでどうぶつをつくろう」のみお友だち同士の連名のお申込みが可能です。
・申込み締切り後、抽選結果にかかわらず原則全員にメールでお知らせします。締切日を3日過ぎても連絡のない場合はお問合せください。
・締切日を過ぎても定員に満たない場合は、先着順で電話申込みを受付けます。
・お預かりした個人情報は、横浜市芸術文化振興財団個人情報保護規程に基づき厳重に管理するとともに、プログラムに関わる連絡以外の目的で利用することはありません。

講師紹介

うめぐみ

2006年結成。横浜美術館子どものアトリエスタッフとして、子どもの育ちと造形を学んだ山田佐映子と川﨑和美を中心とした、 活動に共感するメンバーによるワークショップユニット。「自分でするから楽しい」をモットーに子どもの成長と思いに沿って活動を行う。 現在、横浜市民ギャラリーあざみ野などで講座を多数開催。
うめぐみ https://umegumi.wixsite.com/umegumi

三ツ山 一志(みつやま かずし)

1953年北海道生まれ。1976年東海大学教養学部芸術学科美術科卒業。 1976年から幼稚園での絵画指導を行い、1987年の横浜美術館開館より子どものアトリエを担当。 2007年より横浜美術館副館長、横浜市民ギャラリー館長、横浜市民ギャラリーあざみ野館長を歴任。現在<アートの活動が子どもの育ちをどのようにサポートしていけるか>をテーマに活動している。 その他、造形教育についての講義指導、執筆等多数。

新型コロナウィルス感染症拡大予防のために

※ご来館の際は、マスク着用や手洗い・消毒液の使用、検温などにご協力ください。
※緊急連絡先の登録にご協力お願いします。来館時に受付での登録またはこちらから事前登録ができます。
※団体で来館される場合は必ず事前にご連絡ください。
※本展は感染状況により中止や開場時間の変更等を行う場合があります。当館ホームページより施設の最新情報を必ずご確認ください。