ショーケースギャラリーシリーズ

山田裕介展 「無意識の彫刻(質量の変わらない世界)」

【アーカイブ】

展示風景
展示風景
展示風景
展示風景
展示風景
展示風景

展示風景
展示風景
展示風景
展示風景




Self Portrait/2015/Video,写真

永久影の街/2015年/セメント、ミニTV基盤

2015年 926 日(土)~ 1116 日(月)9:00~21:00

※9月28日(月) 10月26日(月)休館

観覧無料

横浜市民ギャラリーあざみ野エントランスロビー

主催:横浜市民ギャラリーあざみ野(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)




セメントを素材に、彫刻や部屋を覆い尽くすようなインスタレーションを制作するアーティスト、山田裕介が現在取り組んでいる新シリーズを展示します。本展で山田は、不要になった様々な日用品を解体して見出した形態に手を加えることで、“人によってつくられたもの”で溢れている私たちの日常の裏側に潜む未知なる風景を表出させます。

すでに誰かの手によって創られたモノが氾濫する中、作家が立体作品(彫刻作品)を作る必要性はあるのだろうか。そもそも、彫刻が持つ造形性に外見の美しさが追求されるとしたら、機械的に大量生産されるモノの中身はそれに相反していると言えるだろう。普段、目にすることのない中身というのは、そのモノについて詳しく知らない限り、あってないものに等しい。しかし、中身に新たな意味を付与することで、モノは彫刻作品にすり替り、更に、彫刻の在り方を再考させる。


山田裕介

【山田裕介】Yusuke YAMADA

1983年神奈川県横浜市生まれ、横浜市在住。主な展示に、2012年「黄金町バザール2012」日ノ出ステップ(神奈川)、2013年「初詣でる展/CHAP」長者町アートプラネット(神奈川)、「アートDEコガネ」1の1スタジオ(神奈川)、「CONSTELLATIONS」Blanc Gallery・(フィリピン)、2014年「勝手に高架上プロジェクト」京急高架上(神奈川)、「大隈アートマジック」旧大隈小学校(福岡)、2015年「ごった煮展」新宿眼科画廊(東京)、「不可説転」ハツネウィング(神奈川)、「あったもの。なくなったもの。おもいだせないもの。」高架下サイトAギャラリー(神奈川)など。

参加アーティスト

山田 裕介

山田 裕介(やまだ ゆうすけ)

1983年神奈川県横浜市生まれ、横浜市在住。主な展示に、2012年「黄金町バザール2012」日ノ出ステップ(神奈川)、2013年「初詣でる展/CHAP」長者町アートプラネット(神奈川)、「アートDEコガネ」1の1スタジオ…