金理有展「チヨリ チトチチ」

【アーカイブ】

展示風景 photo:Ken Kato
展示風景 photo:Ken Kato
展示風景 photo:Ken Kato
展示風景 photo:Ken Kato
展示風景 photo:Ken Kato
展示風景 photo:Ken Kato

展示風景 photo:Ken Kato
展示風景 photo:Ken Kato
展示風景 photo:Ken Kato
展示風景 photo:Ken Kato
展示風景 photo:Ken Kato
展示風景 photo:Ken Kato




金理有≪アルジャーノンの花瓶≫ 2011年

アルジャーノンの花瓶/2011年/セラミック (c)Yokohama triennale

2015年 1121 日(土)~ 117 日(日)9:00~21:00

※11月23日(月)、12月28日(月)~1月3日(日)休館

観覧無料

横浜市民ギャラリーあざみ野エントランスロビー

主催:横浜市民ギャラリーあざみ野(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)




金理有は、幾何学文様や一つ目などをモチーフに、人工と自然、聖と俗、過去と未来が交錯した独自の陶の表現で、現代アートと工芸を鮮やかに越境します。本展では金は「血」と「知」、「乳」をテーマに作品を展開し、様々な困難が伴う現代において私たちが何を選び取るべきなのかを問いかけます。

よく、動物は同族殺しを行わない、人間のみがそのような行為を行うと言う話を耳にします。気になって調べてみましたがこれは間違いで、野生の動物においても多くの同族殺しが確認されています。では大量虐殺はどうでしょうか?これは確かに人間にしか出来ないかも知れません。なぜなら、これは学習や論理や知性によって拡張されているものだからです。この学習、論理、知性を持つ事が他の動物より大きく進化した人間の特徴だとするならば、感情や本能を制御し、利害の対立するもの同士でも共存する道を選ぶことが出来るのもまた、人間だけとは言えないでしょうか。


金理有
【金理有】Riyoo KIM 1980 年日本人の父、韓国人の母のもと大阪府に生まれる。2006年大阪芸術大学大学院芸術制作研究科修了。主なグループ展に2007年「とよた美術展’07」豊田市美術館(愛知)、2009年「神戸ビエンナーレ2009・現代陶芸展準大賞受賞」神戸メリケンパーク(兵庫)、2010年「BASARA」スパイラルホール(東京)、2011年「ヨコハマトリエンナーレ2011」横浜美術館(神奈川)、2013年「ARTs of JOMON展」hpgrp NY(アメリカ)、「パラミタ陶芸大賞展」パラミタミュージアム(三重)、2014年「NEO FOLK」Ikkan gallery(シンガポール)、個展に「Hypotharamaniac」日本橋高島屋美術画廊X(東京)。パブリック・コレクションに浄土宗大本山、増上寺宝物庫など
[関連事業] 金理有ワークショップ 乳喫茶
出品作家、金理有によるワークショップ。今回の展示テーマ「知」と「乳」にちなんで、人が喜ぶ、笑う、愉しむ、ホッとするような抹茶碗を作り、最後の茶会では出来あがった茶碗で「母乳のような何か※」をみんなで飲みます。陶芸が初めての方も、是非ご参加ください。
※植物性の体にやさしい飲み物を予定しています。

【日 時】[ワークショップ]11月21・28日 12月19日 14:00~16:00
     [茶会]1月9日 ①13:00~または②15:00~
       ※茶会のご希望の時間帯をご記入ください(内容は同じです)。
    (すべて土曜、全4回)
【定 員】20名(応募者多数の場合、抽選)
【参加費】5,000円(全4回分、材料費込)
【講 師】金理有
【締 切】11月6日(金)必着

※募集は終了しました。

参加アーティスト

金理有(キム・リユ)

金理有(キム・リユ)(きむ りゆ)

Riyoo KIM 1980 年日本人の父、韓国人の母のもと大阪府に生まれる。2006年大阪芸術大学大学院芸術制作研究科修了。主なグループ展に2007年「と よた美術展’07」豊田市美術館(愛知)、2009年「神戸ビエン…