あざみ野カレッジ

2020年度のあざみ野カレッジ 一覧

芸術祭をつくる仕事
現代美術探求ラボvol.8

2020年 95(土) 14:00~16:00
講師:天野太郎(横浜市民ギャラリーあざみ野主席学芸員/札幌国際芸術祭2020統括ディレクター)

「見えにくい、聞こえにくいが、存在する経験」

2020年 919(土) 14:00~16:00
講師:飯山由貴(美術家・ヨコハマトリエンナーレ2020出品作家)

2020年 921(月・祝) 14:00~16:00
講師:小池寿子(美術史家/國學院大學教授)

2020年 1011(日) 14:00~16:00
講師:アキュフェーズ株式会社

【あざみ野カレッジ学生証のご案内】
学生証

あざみ野カレッジ学生証

あざみ野カレッジの受講には、
学生登録をお勧めします(登録無料)。登録当日から学生料金で講座に参加できます。
「あざみ野カレッジ学生証」登録をご希望の方は講座のホームページ申し込みフォーム、もしくは講座開催当日受付にてご登録ください。
<あざみ野カレッジ学生証の特典>
1. あざみ野カレッジの受講を学生証料金で!
    学生証料金:500円、一般料金:1,000円
2. 横浜美術館 企画展観覧が100円割引に
3. 横浜美術館内「Cafe小倉山」全メニュー10%割引
4. 大佛次郎記念館入場料が割引に(一般200円→150円)
5. あざみ野カレッジ講座情報(案内・開催レビュー等)メールマガジンの受信
※特典のご利用時は、「学生証」の提示が必要です。(メールマガジン受信を除く)
※講座の内容により学生料金、一般料金の金額が変更することがございます。
※あざみ野カレッジ学生証への登録は当日会場でも受け付けます。特典はご登録いただいた当日から有効です。
※学生証を紛失された場合は、再発行が可能です。詳細はお問い合わせください。
※ご登録の個人情報は、あざみ野カレッジのみで利用し、その他の目的で利用することはございません。
「アート」の意味を辞書でひくと、「芸術、美術」の意味のほかに、「技法」、「人為、作為」などの 意味があります。つまりアートって、人のすること。
アートの領域をひろげ、生活の中にあるもっといろいろ知りたいことを学ぶための学び舎、それが「あざみ野カレッジ」です。いつまでたっても卒業しない人が、「あざみ野カレッジ」では優等生。ひとつの講座との出会いをきっかけに、新しい知に出会い、人と出会い、先生や生徒同士のつながりを深めていくと、学ぶことに終わりはありません。各講座の講師には各ジャンルのエキスパートをお呼びします。そして時には生徒が先生になることも。町一番の○○名人や、時には女子高生が先生になることもあるかもしれません。年代を超えて老若男女、さまざまな背景を持つ生徒同士が学びあう心を尊重し、いつまでも楽しく学べる学び舎にぜひ皆さんご参加ください。
amano taroあざみ野カレッジ2代目校長 天野太郎(横浜市民ギャラリーあざみ野主席学芸員)
2020年度のあざみ野カレッジ ※やむをえず日程を変更する場合がございます。ホームページなどでご確認の上ご参加ください。
※「あざみ野カレッジ」は、横浜市民ギャラリーあざみ野がアートを切り口に多様な講座の開催を通して、地域交流を推進する目的で行う事業であり、学校教育法上で定められた正規の大学ではございません。東京・渋谷を舞台に様々な授業が行われている、シブヤ大学を参考にしています。http://www.shibuya-univ.net/
小さいお子様がいらっしゃるご家族の方へ
*お子さんをあずけて、安心して講座に参加できます*
あざみ野カレッジにご参加の方は、講座時間中に主催事業保育料金にて1階の保育室(予約制、対象年齢:1歳6カ月~未就学児)をご利用いただけます。詳細はアートフォーラムあざみ野「子どもの部屋」(TEL:045-910-5724)までお問い合わせください。

主催:横浜市民ギャラリーあざみ野(公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団)