横浜市民ギャラリーあざみ野 | Yokohama Civic Art Gallery Azamino

フェローアートギャラリー, エクステンション 長瀬 明代 展

会場:青葉区民文化センター フィリアホール

Fellow Art Gallery, Extension

フェローアートギャラリーバナー

概要

2010年より横浜市民ギャラリーあざみ野(青葉区)に常設展示スペースを設置して開催してきた「Fellow Art Gallery」シリーズのエクステンションとして、障がいのあるアーティストたちの作品を広く地域に紹介します。フィリアホールでは、「あーる工房」で絵画活動に取り組んでいる長瀬明代による、鮮やかな色彩を用いたユーモア溢れる絵画を紹介します。
ギャラリーの名称「Fellow(意味:なかま)Art」は、誰もが障がいのあるなしで区別されることなく、同じ地平で認め合える豊かな関係性が築かれることを願って名づけたものです。
  • 日程
  • 時間 10:00~20:00
  • 休館日 8月17日(水)、9月21日(水)
  • 料金 無料
  • 会場 青葉区民文化センター フィリアホール 横通路(無料スペース)
  • 主催 横浜市民ギャラリーあざみ野(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)
  • 共催 青葉区民文化センター フィリアホール
  • 関連リンク
《ゾウ》2019年

《ゾウ》2019年

《孔雀》2020年

《孔雀》2020年

フィリアホールでの展示風景

作家情報

長瀬明代ポートレイト
長瀬 明代 ながせ あきよ
1972年生まれ。2016年頃より通所施設で絵画制作に定期的に取り組み、週1回の絵画活動に参加している。作品は初期のころより大胆で力強い鮮やかな色彩が特徴で、パネルの裏側まできっちり描き込む一途さと、モチーフのユニークで柔らかい表情が、彼女の内面をも表している。次第に彩色に時間をかけるようになり、納得がいくまで何度も塗り直し、仕上げの鮮やかな輪郭線が立体感を与え、不思議な魅力を放つ作品となっている。

社会福祉法人みのり会 あーる工房

社会福祉法人みのり会が運営する定員60名の生活介護事業所。2015年川崎市宮前区の拠点型福祉施設として開設。同じ「まじわーる宮前」内に短期入所、相談支援の他、地域の方が利用する宮前地区会館を併設。ベーカリーカフェの運営も手がけている。絵画活動においても作品展、公募展への出展や地域店舗等での展示などを展開中。