ショーケースギャラリー
アーティスト × 横浜市所蔵カメラ・写真コレクション
白井晴幸展

 

Panorama/2020年/発色現像方式印画

2022年 723日 [土]~919日 [月・祝] 9:00 〜 21:00

* 7月25日(月)、8月22日(月) 休館

観覧無料 横浜市民ギャラリーあざみ野 エントランスロビー

主催:横浜市民ギャラリーあざみ野(公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団)

横浜市民ギャラリーあざみ野では、約12,000件に及ぶ横浜市所蔵カメラ・写真コレクションを収蔵しています。7〜9月のショーケースギャラリーでは、本コレクションとアーティストのコラボレーションによる展示を行います。本展では、自作の装置を用いた撮影などを通じて写真の可能性について考察する白井晴幸が、収蔵品のパノラマカメラの発想に刺激されながら制作した新作を展示します。

白井晴幸 SHIRAI Haruyuki

[ステイトメント]

特殊な技法やシチュエーションを作り出す独自のアプローチによって、写真の可能性を考察してきました。様々な方法の試みにより、写真の記憶の文脈を解体し、再構築を行い、新たな再現性を探求しています。自作したスリットカメラの技法を用いた風景シリーズ「Panorama」では、ワンショットで35mmロールフィルム1本を使用し、写真でしか見ることのできない変幻する時代の断片を見つめていきます。
白井プロフィール

[ 略歴 ]

1981年東京都生まれ。主なグループ展に2019年「VOCA展2019」上野の森美術館(東京)、Belfast Photo Festival 2019「Portraiture In The Post Truth Era」Belfast Exposed(ベルファスト)、2017年「LUMIX MEETS BEYOND2020 BY JAPANESE PHOTOGRAPHERS #5」(東京/アムステルダム/パリ)、「第16回 写真1_wall展」ガーディアンガーデン(東京)。個展に2022年「Panorama|Book」Cale FST(東京)など。2022年に写真集『Panorama』を発売。
ショーケースギャラリー一覧  ▶トップページ