横浜市所蔵カメラ・写真コレクション


ボストン消防局長ウィリアム・バーニコートの肖像
ジョン・アダムス・ホイップル
1848年
ダゲレオタイプ

William Barnicoat, Chief Engineer of Boston Fire Department/John Adams Whipple/1848/Daguerreotype

横浜と写真の関係

横浜は日本における写真発祥の地の一つとして、近代日本の写真映像文化の歴史に大きく貢献したと言われています。 横浜市ではこうした歴史を踏まえ、映像文化都市づくりを進めるため、アメリカのサーマン・F・ネイラー氏が40年にわたって世界各地から収集したコレクションを取得しました。
世界のカメラと写真の歴史が総合的にたどれるものとして高く評価されているこのコレクションを、 横浜市民ギャラリーあざみ野では、年1回のコレクション展、アートフォーラムあざみ野エントランスホールの小展示、 WEBなどを通じて、皆様にご紹介しています。

The Collection of Camera and Photography of the Yokohama City

As one of the birthplaces of photography in Japan, Yokohama is said to have greatly contributed to the history of photography and visual culture of modern Japan. In view of this history and with a vision to promote itself as the creative city of visual culture, Yokohama City acquired a collection of an approximately 12,000 items, including cameras, photographs, accessories, and literature, between 1993 and 1994. The items were originally collected from around the world by a U.S. collector Thurman F. Naylor over the course of 40 years. The Yokohama Civic Art Gallery Azamino has engaged in preserving and managing this collection of high significance that provides comprehensive perspectives to trace the world history of cameras and photography. The collection is introduced to public through exhibitions and other various events.

資料概要

名称 横浜市所蔵カメラ・写真コレクション(旧ネイラー・コレクション)
取得年度 1993・1994年
・カメラ 約2,700件
・写真 約2,900件
・写真関連アクセサリー 約2,000件
・資料及び文献 約2,000件

主な資料

今年度のコレクション過去のコレクション展Gallery in the Lobbyコレクション関連ブログ

横浜市所蔵カメラ・写真コレクション データベース

コレクションのデータを順次公開していきます。