市民のためのプログラム

市民のためのプログラム 2018 前期

横浜市民ギャラリーあざみ野3階アトリエでは、はじめての方でも楽しく制作を体験できるプログラムを開催しています。みなさまのご参加をお待ちしています。

市民のためのプログラムの対象年齢は中学生以上です(一部講座を除く)。
横浜市外の方でもご参加いただけます。

やさしく、たのしい
デジタル一眼カメラ

「カメラの基礎を知りたい」「デジタル一眼が家にあるけれど、使い方がわからない」という方のための講座。カメラのしくみから撮影のコツまでを、わかりやすいレクチャーと、実際の撮影を通じて知っていきます。もっと写真を楽しみたい!という方、是非ご応募ください。


牧野智晃 ≪feedback2016≫


【日 時】 

4/12・26、5/10・24、6/7
10:00~12:00(すべて木曜、全5回)
※5/24のみ10:00~13:00、屋外に撮影にでかけます(雨の場合5/31に順延)。
※5/24は保育対象外となります。


【講 師】 

まきの ともあき
牧野智晃(写真家)

【定 員】 

デジタル一眼レフカメラ、またはミラーレス一眼カメラをお持ちの方
15名(応募者多数の場合、抽選)

【応募締切】

申込の受付を終了しました。

【参加費】

10,000円(全5回分)


蕎麦の陶芸と蕎麦打ち

ご自分で制作したうつわで蕎麦を楽しんでみませんか?本講座では、信楽の土を使って、蕎麦猪口(そばちょこ)と盛り皿を制作します。最終日には、職人の指導のもと、十割り蕎麦の手打ちを体験して、各自が制作した蕎麦猪口で打った蕎麦をいただきます。陶芸がはじめての方もふるってご参加ください。

参考作品
《参考作品》


【日 時】 

[陶芸制作]
5/18、6/1・15、7/6
13:30~16:00(すべて金曜、全4回)

【陶芸制作の会場】
横浜市民ギャラリーあざみ野 3F アトリエ

[蕎麦打ち]
①7/18(水) 9:00~13:00
②7/25(水) 9:00~13:00

※蕎麦打ちは、上記いずれかご希望の日程をご記入ください。
※蕎麦打ちの日は保育対象外です。

【蕎麦打ちの会場】
源流 手打ち蕎麦切教室(青葉区新石川2-32-7)
※蕎麦打ちの日のみ会場が異なります。


【講 師】 

      なみき あかね
[陶芸制作] 並木朱子(陶芸家)
      くどうとしかず
[蕎麦打ち] 工藤俊一(蕎麦匠源 主宰)

【定 員】 

16名(応募者多数の場合、抽選)

【応募締切】

5月1日(火)必着

【参加費】

14,000円(全5回分、材料費込)


はじめての透明水彩

水彩画を描いてみたい方のための講座。野菜や果物などのモチーフや写真などを題材に、毎回一枚の絵を仕上げながら、透明水彩絵具の特徴と使い方、技法を知り、その魅力に触れていきます。ていねいにご説明いたしますので、はじめての方でも安心して楽しめます。


青木美和≪ウインドーフラワー
-南仏 サンタニエス≫


【日 時】 

9/3・10、10/1・15・29
9:45~12:30(すべて月曜、全5回)
※初回9/3のみ9:30~


【講 師】 

あおき みわ
青木美和(画家)

【定 員】 

20名(応募者多数の場合、抽選)

【応募締切】

8月20日(月)必着

【参加費】

15,000円(全5回分、材料費込)


あざみ野オープンスタジオ ヌード・クロッキー

《アトリエ》
参加者のみなさんが自主的にクロッキーに取り組む時間です。5分、10分、20分と時間を変えて、いろいろなポーズを描きます。必要な方にはカルトン(画板)、イーゼルを無料でお貸しします。油絵具類以外の画材を各自で用意し、制作していきます。基本的に指導はありませんが、分からないことがあれば担当のスタッフが対応いたします。

【対 象】

15歳以上の方(中学生をのぞく)

【定 員】

各コース 20名(応募者多数の場合、抽選)

【参加費】

各コース 5,000円(全4回分)


Aコース

【日 時】 

4/11・25、5/9・23
13:30~16:00 すべて水曜

【応募締切】

申込の受付を終了しました。


Bコース

【日 時】 

6/6・20、7/4・18
18:00~20:30 すべて水曜

【応募締切】

5月23日(水)必着


Cコース

【日 時】 

9/5・19、10/3・17
18:00~20:30 すべて水曜

【応募締切】

8月22日(水)必着




お子さんをあずけて、安心して講座に参加できます 横浜市民ギャラリーあざみ野アトリエ 市民のためのプログラムにご参加の方は、講座時間中に主催事業保育料金にて1階の保育室(予約制、対象年齢:1歳6カ月~未就学児)をご利用いただけます。 詳細はアートフォーラムあざみ野 子どもの部屋 TEL:045-910-5724までお問い合わせください。

申込方法

申し込みは 「往復はがき」「ホームページの申込みフォーム」「直接来館」で受付けます。
応募多数の場合は抽選です。

往復はがき

〒225-0012 横浜市青葉区あざみ野南1-17-3
横浜市民ギャラリーあざみ野 市民のためのプログラム係

ホームページ

当館ホームページの申込みフォームからお申込みください。
※締切後、数日中に受付確認の返信を致します。返信のない場合はお問い合わせください。

直接来館
横浜市民ギャラリーあざみ野2階事務室へお越しください。

《必要事項》

  • 応募は1人1講座につき1通とします。複数のプログラム・コースに参加ご希望の方は、お手数ですが別々にお申込みをお願いします。
  • 締切後は抽選結果にかかわらずみなさんにご連絡いたします。締切日を一週間過ぎても連絡が無い場合はお問合せください。
  • 締切を過ぎても定員に満たない場合は先着順で電話申込みを受け付けます。
  • 応募者数が実施可能な人数に満たない場合は、中止させていただくことがあります。
  • 応募の際に提供された個人情報は、応募された事業のみに利用し、その他目的で利用することはありません。
  • 
    

    【講師略歴】

    牧野智晃(まきのともあき)

    撮影:本城直季
    1980年埼玉県生まれ。2002年東京工芸大学芸術学部写真学科卒業。以後、フリーランスフォトグラファーとして広告、雑誌などで活動中。代表的な作品として、中年の女性の文化を記録するシリーズ「Tokyo soapopera」(FOIL、2005年)、「DAYDREAM」(4×5 SHI NO GO、2011年)があり、いずれも写真集として出版されている。なお最近のマイブームは銀塩フィルムカメラで家族を撮影する事。

    [SHI NO GO HP]  http://www.shinogo45.com/

    並木朱子(なみきあかね)
    東京都生まれ。多摩美術大学大学院陶芸科修了。1990年長三賞入選。1997年横浜市内に築窯し、1996年~2000年牧の火会参加(横浜三越)、2000年日本陶芸協会交流展など数々のグループ展・個展に参加。これまで横浜市陶芸センター、横浜市民ギャラリーあざみ野などで陶芸講座を指導。
    工藤俊一(くどうとしかず)
    1979年たまプラーザで手打そば源氏庵を開店、その後「源流手打蕎麦切教室」を開講し門下生多数輩出。自然の味を第一義とした十割蕎麦を訴求しながら、業界団体の役職を歴任し食品衛生関連表彰多数受賞。現在は生涯現役を標榜して蕎麦匠源蕎楽庵(そばしょうみなもときょうらくあん)と源流手打蕎麦切教室を主宰し後進育成に努めている。
    青木美和(あおきみわ)
    早稲田大学第二文学部日本文学専攻卒業。洋画家・日高政広氏、水彩画家・矢田茂氏に師事。自然風物のほか、室内風景や街並みなど日常生活の一コマ、花、野菜、雑貨などを透明水彩で描く。TBS「世界ウルルン滞在記」タイトル、松任谷由実シャングリラ3ツアーパンフレットなどに作品が採用される。水彩画グループ水浅葱の会主宰。マガジンランド社刊「猫のいる風景画」など著作、個展多数。日本出版美術家連盟会員。日本透明水彩会会員。

    [青木美和 HP]  http://www.amy.hi-ho.ne.jp/miwa-aoki/

    
    

    お問合わせ

    横浜市民ギャラリーあざみ野(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)
    TEL 045-910-5656 / FAX 045-910-5674

    駐車場は予約制(有料)です。予約専用ダイヤル:045-914-5910