市民のためのプログラム

市民のためのプログラム 2019 後期

横浜市民ギャラリーあざみ野3階アトリエでは、はじめての方でも楽しく制作を体験できるプログラムを開催しています。みなさまのご参加をお待ちしています。

2020年度講座はこちら>>>

市民のためのプログラムの対象年齢は中学生以上です(一部講座を除く)。
横浜市外の方でもご参加いただけます。

手描友禅

《講師作品》

手描友禅(てがきゆうぜん)は、絹地に絵を描くように染める染色技法で、糸のように細かい糊の線を引き、隣合った色が混ざらないように防染することによって生まれる繊細で鮮やかな色彩の表現が魅力です。本講座では、用意する数種の絵柄から1つお選びいただき、生地に柄の輪郭線を引いて防染する「糸目置き」、柄の中に染料で色を付ける「色挿し(友禅)」、染め上った模様に仕上げに金を施す「金線」を体験します。

  • 日  程2/7・21、3/27 4/24(すべ て金曜、全3回)
  • ※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため3/27の講座を4/24に延期いたします。
  • 時  間14:00~16:30
  • 講  師大橋さやか(おおはし さやか)
  • 参 加 費10,000円(全3回分、材料費込)
  • 応募締切 募集を締め切りました
  • 定  員15名

2020年度講座

やさしく、たのしい デジタル一眼カメラ

牧野智晃≪Feedback2014≫

「カメラの基礎を知りたい」「デジタル一眼が家にあるけれど、使い方がわからない」という方のための講座。カメラのしくみから静物・人物・風景撮影のコツまでを、わかりやすい レクチャーと、実際の撮影を通じて知っていきます。もっと写真を楽しみたい!という方、是非ご応募ください。

  • 日  程4/9・23、5/14・28、6/4・ 11 (すべて木曜、全5回)
  • ※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため開催を中止いたします。
  • 時  間10:00~12:00
  • (5/28)6/4のみ10:00~13:00、屋外に撮影にでかけます(雨の場合6/4に順延)
    ※屋外活動日は保育対象外となります。
  • 講  師牧野智晃(まきの ともあき)
  • 参 加 費11,000円(全5回分)
  • 応募締切応募を締め切りました   
  • 定  員デジタル一眼レフカメラまたはミラーレス一眼カメラをお持ちの方15名
  • ※「アートあざみ野vol.54」の記載から定員が変更になりました。ご了承ください。

あざみ野オープンスタジオ ヌード・クロッキー

アトリエ

参加者のみなさんが自主的にクロッキーに取り組む時間です。5分、10分、20分と時間を変えて、いろいろなポーズを描きます。必要な方にはカルトン(画板)、イーゼルを無料でお貸しします。油絵具 類以外の画材を各自で用意し、制作していきます。基本的に指導はありませんが、分からないことがあれば担当のスタッフが対応いたします。

  • 対  象15歳以上の方(中学生をのぞく)
  • 参 加 費各コース5,500円(全4回分)
  • 定  員各20名(応募者多数の場合、抽選)

Aコース

  • 日  程4/8・22、5/13・27(すべて水曜)  13:30~16:00
    ※新型コロナウイルス感染症拡大防止のためAコースの開催は中止いたします。
  • 応募締切 募集を締め切りました

Bコース

  • 日  程6/10・24、7/8・22(すべて水曜) 18:00~20:30
  • 応募締切5/20(水)必着
申込みはこちら>>>

Cコース

  • 日  程9/16・30、10/14・28(すべて水曜) 18:00~20:30
  • 応募締切8/26(水)必着
申込みはこちら>>>

金継ぎ入門


参考作品

破損した陶磁器を本漆で接着し、繕った部分を金で装飾する伝統的な修繕技法「金継ぎ」を体験してみませんか?この講座では、お茶碗程度の大きさの欠けた器2~3点をご持参いただき、本漆を使った「埋め」「塗り」「金粉撒き」までを体験していきます。
※漆かぶれ予防のため、ゴム手袋とアームカバーをご用意致します。かぶれた場合の治療費等の責任は負いかねますので、ご了承ください。
※欠けた器のみが対象です。割れた器の金継ぎはできませんのでご了承ください。

  • 日  程6/4・18、7/2・9(すべて木曜、全4回)
  • 時  間14:00~16:00
  • 講  師うるしさん
  • 参 加 費13,000円 (全4回分、材料費込)
  • 応募締切5月14日(木)必着
  • 定  員16名(応募者多数の場合、抽選)
申込みはこちら>>>

絵具ラボ


参考画像

古典的な絵具から最新の絵具まで、絵画に使用する絵具の基本的なことが知りたいという方、新しい色材に挑戦したい方にオススメの講座です。前半は、絵具の材料である顔料の種類・色名の由来などをレクチャーで学びます。後半は、簡単な絵具づくり体験と各種絵具の効果見本作成のワークショップによって、テンペラ絵具、水彩絵具、油絵具、アクリル絵具等、各種絵具の特性を学んでいただきます。

  • 日  程7/11(土)
  • 時  間13:30~16:30(休憩あり)
  • 講  師平松博彦(ホルべイン株式会社)
  • 参 加 費2,000円 (全1回分、材料費込)
  • 応募締切6月15日(月)必着
  • 定  員30名(応募者多数の場合、抽選)
申込みはこちら>>>

お子さんをあずけて、安心して講座に参加できます

保育アリ

横浜市民ギャラリーあざみ野アトリエ 市民のためのプログラムにご参加の方は、講座時間中に主催事業保育料金にて1階の保育室(予約制、対象年齢:1歳6カ月~未就学児)をご利用いただけます。詳細はアートフォーラムあざみ野 子どもの部屋(TEL:045-910-5724)までお問合わせください。

申込方法

申込みは「往復はがき」「ホームページ の申込み フォーム」「直接来館」で受付けます。応募多数の場合は抽選です。

往復はがき
〒225-0012横浜市青葉区あざみ野南1-17-3 横浜市民ギャラリーあざみ野 市民のためのプログラム係
ホームページ
上記申込みフォームからお申込みください。
※受付完了後に「受付確認メール」(自動返信)をお送りします。届かない場合はご連絡ください 。
直接来館
横浜市民ギャラリーあざみ野2階事務室へお越しください。

記入事項

①ご希望のプログラム名・コース名と番号
②名前(ふりがな)
③住所
④年齢
⑤電話・FAX

・お申込みは1人1講座につき1通とします。複数のプログラム・コースに参加ご希望の方は、お手数ですが別々にお申込みをお願いします。
・締切後は抽選結果にかかわらずみなさんにご連絡いたします。締切日を一週間過ぎても連絡が無い場合はお問合せください。
・締切を過ぎても定員に満たない場合は先着順で電話申込みを受け付けます。
・応募者数が実施可能な人数に満たない場合は、中止させていただくことがあります。
※応募の際に提供された個人情報は、応募された事業のみに利用し、その他目的で利用することはありません。

講師略歴

ohashi

大橋さやか OHASHI Sayaka

2005年女子美術大学短期大学部専攻科工芸デザイン刺繍コース卒業。2005年から日本工芸会正会員の友禅作家、生駒暉夫氏に師事、染織デザインIKOMAにて10年間従事。2015年に独立。東京都工芸染色協同組合所属。第23回シルク博物館全国染色作品展入選。2020年を目指し、206か国(国・地域)の文化・歴史・自然をテーマに描いたオリジナル着物を日本を代表する着物作家が制作する「イマジンワンワールド KIMONO PROJECT」でミクロネシア連邦振袖を製作。

撮影:本城直季

牧野智晃 MAKINO Tomoaki

1980年埼玉県生まれ。2002年東京工芸大学芸術学部写真学科卒業。以後、フリーランスフォトグラファーとして広告、雑誌などで活動中。代表的な作品として、中年の女性の文化を記録するシリーズ「Tokyo soapopera」(FOIL、2005年)、「DAYDREAM」(4×5 SHI NO GO、2011年)があり、いずれも写真集として出版されている。なお最近のマイブームは銀塩フィルムカメラで家族を撮影する事。
[SHI NO GO HP] http://www.shinogo45.com/

urushi

うるしさん Urushi-san

村田優香里と坂本恵実による2人組ユニット。漆をもっと身近に感じてもらいたいという想いから、「楽しくうるしと。」をコンセプトに活動をスタート。漆芸の技術を生かし、本漆を用いた金継ぎや日用品の制作を行う。ともに、国立高岡短期大学(現・富山大学)専攻科修了。
[HP]http://urushisan.com/

urushi

平松博彦 HIRAMATSU Hirohiko

ホルベイン工業株式会社Projectmanager。2006年より、講義・ワークショップの活動開始。2016年9月、同社初となる海外現地法人であるHOLBEIN KOREAの設立に伴い、2019年9月までの3年間を技術営業理事として駐在。現地ではソウル市梨花女子大学・スウォン市京畿大学・デグ市啓明大学などで色材講座をおこなう。日本へ帰任後も美術大学・予備校・美術館等の講座を担当。モットーは、「わかりやすく」、「積極的な情報の公開」。